脊髄損傷の症状は損傷を受けた部位によって異なることは先ほど説明しましたが、損傷の度合いによっても変わり、これも大きく2種類に分類されます。1つは「完全型(完全損傷)」と呼ばれるもので、脊髄が横断するように離断し、中枢神経の伝達機能が完全に断たれた状態を表します

この場合、損傷部位より下は脳からの支配を失うため、脳の運動指令は届かず、全く動かすことができなくなります。また、逆に脳に感覚情報を伝えることもできないので、感覚や知覚も失われます。といっても何も感じないわけではなく、損傷部位の痛みは感じたり、実際には足は伸びているのに場がっているように感じる、といったことはあります。完全型における例では、先述の腰部(L)での損傷が完全型であった場合、両足は自力で動かすことができなくなるうえ、何かに触れたり、触られたりしても何も感じられなくなります。

もう1つは「不完全型(不完全損傷)」と呼ばれるもので、脊髄の一部が損傷や圧迫を受け、中枢神経に損傷はあるが、伝達機能は完全には失われていない状態を表します。例えば、手や足を自分で動かすことはできなくとも、触られる感触はあるといった状態です。この場合、完全型では難しい感覚の復活や自力で動かなかった部位を動かせるようになる可能性もあります。

脊髄損傷は、損傷を受けた部位によって分類されます。部位は4種類に分類され、頭を支える頸部(Cervical:サービカル)、首と腹部の間にある胸部(Thoracic:ソラシック)、腰回りを示す腰部(Lumbar:ランバー)、上半身と下半身を繋ぐ要である仙部・骨盤(Sacral:セイクラル)があります

そして、それらの部位にある骨は上から順に番号付けがされ、また、それぞれの部位の英語表記の頭文字をとって、C1、L4といったように表されます。C1は、頸部の1番上の骨のことを指します。この表記は、脊髄の位置を表すのに使用されます。脊髄損傷の症状は、損傷を受けた部位によって異なります。頸部(C)では、脚や胴体、部位によっては手の麻痺が起こります。頭に近いC2-C5間での損傷では、呼吸のための筋肉も麻痺し人工呼吸器が必要になります。胸部(T)では、脚や胴体の麻痺が起こります

また、損傷部位より下部分の感覚が無くなる場合もあります。腰部(L)では、股関節と脚の麻痺・感覚喪失あるいは損傷の位置によって異なる筋力低下と痺れが起こります。仙部・骨盤(S)では、広義では骨盤の出口、恥骨結合から尾骨までを指す会陰部のしびれが起こり、排泄などの行為に支障が生じます。

脊髄とは、脳から一般的に背骨と呼ばれている部分である脊柱を通る太い神経のようなものであり、脳から発せられる手や足を動かすといった人間の体の動作の指示はこの脊髄を通って全身に伝わっていくので、人間にとって脊髄は脳と並んで大切な部分といえます。一方、脊髄損傷とは、つまりこの脊髄が主に脊柱が交通事故を代表とする強い外力によって損傷を受けることであり、手や足が動かなくなるなどの麻痺が残ることもあります

また、最悪の場合生活において常に介護が必要になるほどの損害を受ける場合もあります。さらに脊髄は脳と同じく中枢神経ですが、中枢神経は一度損傷が起こると二度と再生することはありません。(厳密には中枢神経にも再生機能はあるとされていますが、細胞神経は再生しても細胞神経どうしのつながりは元には戻らず、脊髄の機能は元には戻りません)よって脊髄損傷は完治することは無く、現代の医学でも脊髄の機能を回復させる完全な治療法は未だに存在していません。

現在日本においては10万人を超える脊髄損傷を患った人々が存在し、毎年5,000人以上の人間が脊髄損傷になっています。そして脊髄損傷の要因には、1990-1992年の調査によれば、高所からの落下や転倒といったものがありますが、受傷要因の中でも交通事故は43.7%という大きな割合となっています。

【参照リンク】http://www.ko2jiko.com/pickup-koui/
脊髄損傷について情報を掲載している「交通事故被害者救済サイト」です。

毎日全国で起こっている交通事故。平成28年においては、49万9,201件の交通事故があり、事故による死者は3,904人、負傷者は61万8,853人にのぼり、負傷者のうち重傷者は3万7,356人になります。交通事故によって死に至ることは無くとも、場合によっては労働や日常生活が困難になるほどの障害が残ることもあります。交通事故というのはとても恐ろしいものです。

さて、病気やケガなどをし、その急性的症状が治った後も、何かしらの機能障害などの症状や傷跡が残ることを後遺症といいますが、それに対して特に交通事故において、傷害が治ったときに身体に残る障害であり、医師による後遺障害認定書などに基づき認定を受けたもののことを後遺障害といいます。後遺障害は交通事故による被害者の補償を目的とする保険である自動車損害賠償責任保険に関する用語であり、交通事故によって後遺障害が残ってしまった場合、後遺障害の程度に応じて損害賠償金が支払われます。その基準は、等級として細かく定義されています。

では、交通事故による後遺障害にはどのような種類があるのでしょうか。後遺障害は、被害の大きい部位によって症状や名称が異なります。障害の例として、脳の言語や思考といった活動に障害が生じる高次脳機能障害や、手足以外の身体が人目に付く以上の傷跡を残す外貌醜状などがありますが、当サイトでは数ある後遺障害の種類の1つである脊髄損傷について紹介します。